復職する際に「菓子折り」が不要な5つの理由とは?

こんにちは、てく(@sabaku_bito)です。

ついに復職しました!

復職するときは、関係者への挨拶が必要になりますよね。

その際、菓子折りは必要なのか?

これに対して様々な意見があります。

私も少し考えましたが、
声を大にして「不要」と言います。

その理由を教えますね。

菓子折りが必要という人の理由

菓子折り必要」と
考えている人もいます。

そういった人たちの理由は次の通りです。

菓子折り必要派の意見
①挨拶時の話題が増える

②迷惑をかけたことへのお詫び

③顧客へのお詫び

④長期休暇後に菓子折りは常識

⑤前にやっていたから必要

いろんな意見がありますが、
まとめるとこんな感じでしょうか。

これらの意見に対して、
菓子折りが「不要な理由」を述べます。

①復職の挨拶に話題なんて必要ない

必要側の意見
復職したら挨拶するでしょ?
菓子折りがあると話題になっていいじゃない。

こんな意見です。

しかし、この意見、
根本的におかしいことに気づきましたか?

いったい、何分の挨拶をするつもりですか。

復職時の挨拶は、

「元気になり、今日から復帰になりました」

これだけで十分です。

あとは、相手の質問に答えればいいだけです。

挨拶をする際に、
話題なんて全く必要ありません。

②あなたは会社の制度利用しただけ

必要側の意見
休職して迷惑をかけたんだから、お詫びに菓子折りは必要でしょ

この意見が一番多いかもしれませんね。

休職中、あなたの仕事は、誰かが代わりにやっていたと思います。

しかし、迷惑をかけたのでしょうか?

ご存知だとは思いますが、
休職は会社の制度です。

会社の制度を利用すると、迷惑がかかってしまうのでしょうか?

だったら、そんな制度は廃止すればいいのではないでしょうか。

 

いいですか。

休職は、社員を守るための会社の制度。
あなたは、その制度を利用しただけです。

同僚は仕事が増えて大変だったかもしれません。

でも、それは仕事を適切に割り振りできなかった上位者の責任です。

あなたが迷惑をかけたわけではないのです。

お詫びの品として、
菓子折りは必要ありません。

③顧客へお詫びするのは上位者

必要側の意見
顧客に迷惑をかけたのだから、菓子折りは持って挨拶にいくべき
さきほどと、同じような意見ですが、
こちらは顧客が相手です。

しかし、これも考え方がおかしいですよね。

仕事は人と人との付き合いもありますが、
それ以前に会社と会社との付き合いです。

 

もし、休職によって顧客に迷惑をかけたとしたら、それはあなたの穴を埋められなかった上位者・会社側に問題があります

会社側に問題があるのに、なぜあなたが菓子折りを買わないといけないのでしょうか?

違いますよね。

あなたの穴を埋められなかった人…
つまり、上位者がお詫びにいくべきです。

④復職後の菓子折りは常識ではない

必要側の意見
長いこと休んだんだから、菓子折りぐらい持っていくのが常識でしょ

こんな意見もあります。

もはや、理由になっていないですよね。

常識って何ですか?

その人の思い込みですよね。

常識とは、18歳までに身に付けた偏見のコレクションである
(アインシュタイン)

そもそも、本当に常識だったら、こんな議論にはなりませんよ。

別にあなたが、菓子折りの必要性に疑問を持っていなければ、持っていけばいいんですよ。

でも、「必要なのかな?」と迷ったから、
この記事を見ているんじゃないでしょうか?

繰り返しになりますが、「常識だから」は、菓子折りが必要な理由になっていません。

⑤菓子折りがあっても悪い印象を持つ人はいる

必要側の意見
前に復職したAさんは菓子折りを配っていた。

だから、あなたも買った方がいい。

実は、これが最も厄介な理由です。

何が厄介かというと、菓子折りを買っていかず、前例が崩されることによって、違和感を感じる人がいるからです。

違和感を感じた人は、何らかしら理由をつけて納得しようとします。

「あの人は気が利かないから、菓子折りを持ってこないんだ」

このように感じる人がいるかもしれません。

つまり、菓子折りを持っていかないことで、あなたに悪い印象を持つ人が出るということです。

厄介ですよね。

しかし、これは気にしても仕方ありません。

というより、
あなたが菓子折りを買おうが、買わまいが悪い印象を持つ人は必ずいます。

人間関係の2:6:2の法則はご存知でしょうか?

人間関係2:6:2の法則
あなたがどんな人格者であろうとも、
 ・あなたを好きな人: 2割 
 ・どちらでもない人: 6割
 ・あなたを嫌いな人: 2割
この割合は変わらない

つまり、あなたが100点の身のこなしをしたところで、あなたに対して悪い印象を持つ人が2割はいるということです。

例えるなら、菓子折りを持っていっても、
「買う余裕があるなら、さっさと復職しろ」
「買ってくる風習なんて作るな」

こんな印象を持つ人がいるのです。必ず。

全員に好かれる方法なんてありません。

あのマザーテレサでさえ、
嫌いな人はいたんですから。

前例に縛られるのはやめましょう。

まとめ

菓子折りの不要な理由を書いてきました。

復職時に菓子折りが不要な理由
①復職の挨拶に話題は必要ない

②あなたは会社の制度を利用しただけ

③顧客にお詫びをするのは上位者

④復職後の菓子折りは常識ではない

⑤菓子折りがあっても悪い印象を持つ人はいる

私は必要ないと思っていますが、
ここまで読んでも迷っているようであれば、
買えばいいのではないでしょうか?

買うことで安心感を得られるのなら、
安いものかもしれません。

ただ最後に言っておきたいのは、
誰も菓子折りなんて期待していない
ということ。

あなたが元気になって復職してくれたこと、
そして顔を見せてくれたこと、
これに対して、嬉しいと感じるはずです。

菓子折りに迷うよりも、笑顔をみんなに見せてあげてください。

参考になりましたら、幸いです。

いつも読んでいただきありがとうございます。
下記クリックで応援いただけますとブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
注目のランキングは下記から遷移できます!
ブログのランキングはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA