それ間違いです!ローソンお試し引換券による節約

こんにちは!なるべくお金は使いたくない、てく(@sabaku_bito)です。

みなさん、コンビニは利用しますか?ローソンではPontaポイントが貯められて、そのポイントをお試し引換券に換えられることはご存知でしょうか?

お試し引換券がお得!ということでよく利用していたんですが、冷静に考えたらPontaポイントをお試し引換券にするのは「節約に向かない」という結論に至りました。




ローソンのお試し引換券について

まず、ローソンのお試し引換券がどういうものか、おさらいをしておきたいと思います。

お試し引換券はPontaポイントを使用する

ローソンのお試し引換券は、Pontaポイントを使用して発券します。

Pontaポイントは、100円の買い物につき1ポイント貯まりますが、「この商品を買うと+10ポイント!」というボーナスポイントもあるので、
ローソンのヘビーユーザーはどんどん貯まるポイント
だと言えるでしょう。

そして、貯まったPontaポイントのお得な使い方として有名なのが、「お試し引換券」なのです。

お試し引換券がお得と言われる理由

Pontaポイントは、買い物で1ポイント1円として利用できます。しかし、お試し引換券を利用すると、1ポイント2円〜3円の価値に変わり、商品を買うことができるのです。

お試し引換券は、商品のラインアップが1週間毎に変わるようになっています。

ローソンのレジ付近に「ポイントカード特典情報」の冊子が置いてあり、この中にどんなお試し引換券があるのかが載っています。

ちなみに、ローソン公式サイトでもどのようなラインアップか見ることができます。

例えば、『ジャイアントコーン・大人の濃厚ショコラ(税込173円)』のお試し引換券は、Pontaポイントを80ポイント使用して発券できるということ。

つまり、1ポイント2.9円の価値になるんですね。これがお得と言われる理由です。

商品が無いことも多い

とてもお得なお試し引換券なんですが、店舗によっては商品を置いていないこともあります。

というよりも、私の場合は、無い時の方が多いぐらいでした。

ワクワクしながらローソンに行って、引換券を発行して、いざ買おうとしたら「商品が無い」。こればっかりです…

いつもガッカリしていたので、店長に直撃して、置いてない理由を聞きました。

詳しくは下記をご覧ください。

ローソンお試し引換券の商品がない!?確実な方法がありますよ

2018.01.08

久しぶりに利用してみた

今日、お試し引換券を利用して購入した商品です。

表にまとめてみました。

商品名 単価 個数 単P 合計金額 合計P 円/P
 ジャージー牛乳プリン
(カフェラテ)
 157円  2個  60P  314円  120P  2.6円
 おどろき野菜1食分の野菜
(椎茸だしの白菜鍋)
 162円  2個  50P  324円 100P  3.2円
 牧場しぼり
(生キャラメル&ミルク)
140円  2個 60P  280円  120P  2.3円
 リッチバナナチョコレート
アイスバー
 216円 1個  100P  216円  100P  2.2円
 ジャイアントコーン
(大人の濃厚ショコラ)
 173円  1個  80P  173円  80P  2.9円
 1,307円  500P  平均2.6円

合計1307円の商品を500ポイントで購入できたというわけです。
1ポイントの価値はだいたい2.6円なのでお得と言えますね。

ですが、節約という観点ではどうなんでしょうか。

お試し引換券は節約には向かない

冷静に考えたところ、確かにお試し引換券はお得だけど、節約にはならないんですよね…

お試し引換券は、ほぼ飲食品にしか交換できません。今回購入したものも全て食品となっています。

ローソンが「今週はこれ!」と掲げている商品に換えるので、自分が欲しい商品が都合よく交換できるわけではないんです。

つまり、「別に欲しくないけどお得だから交換する」ということ。

一方、お金を節約するときに一番すべきことは、「無駄なものは買わないこと」ですよね。

いえば、別に欲しくないけどお得だからということでポイントを消耗することは節約でもなんでもありません。ただの浪費なんです

「飲み物とかデザートとか、特定の商品が欲しいと決まっていないときはいいんじゃないの?」

そういう意見があるかもしれませんね。

ですが、よく思い出してみてください。飲み物を買ったついでに何か他の物も買わなかったでしょうか?

ご存知だと思いますが、コンビニの商品はほぼ定価で売られているため、お試し引換券で何か購入したとしても、それ以外の商品で損をしていることになります。

Pontaポイントによる節約術

別に私はお試し引換券を全否定しているわけじゃありません。

ただ、節約をしたいのであれば、お試し引換券で浪費をするよりも、もっと「生活に必要なもの」にポイントを使うべき、というのが私の考えなわけです。

では、節約という観点で、Pontaポイントは何に使うのがいいのか?

答えは、日常生活で現金の使用を抑えるために、Pontaポイントを使用するということです。

Pontaポイントは所詮、ポイントです。提携しているお店でしか使えません。節約をするのであれば、いかに現金を使わないようにするかを考えるべきですよね。

例えば、ガソリンスタンドの料金をPontaポイントで支払う。
あるいは、出張や旅行のホテル料金をPontaポイントで支払う。
毎月の美容院代をPontaポイントで支払う。

このように生活に必要な出費で、ポイントを使用して現金の消費を抑えるのが、節約で最も有効的なポイントの使い方だと言えるでしょう。

Pontaより楽天ポイントの方が節約に向いている

ここまでPontaポイントの有効な使い方を書いてきましたが、節約を本気でするのであればPontaポイントよりも楽天ポイントの方が、節約に向いていると言えます。

楽天の方がポイントを利用できる店舗が多い

楽天ポイントは、楽天グループをはじめ、提携している店舗数がPontaポイントより多いため、ポイントを貯める機会、ポイントを使う機会が多くあります。

ポイントを利用する機会が多いということは、それだけ現金の消費を抑えることができるということです。

楽天の方が生活必需品を購入しやすい

なんといっても、楽天ポイントは楽天市場での大量に貯めることができ、また利用できるということが最大のメリットです。

Pontaポイントも「ポンパレモール」というサイトがあるのですが、様々な点で楽天市場には劣ります。節約の観点では、生活必需品が揃うかどうかが気になるところですが、下記の通り、楽天市場に大差で負けています。(2017年3月決算時点)

出店店舗数: 楽天の13分の1。(ポンパレ:約3500店舗、楽天:44,602)
商品点数: 楽天の3分の1。(ポンパレ:約3500店舗、楽天:44,602)

楽天の方が圧倒的にポイントを貯めやすい

楽天ポイントは、楽天グループや提携店舗でポイントが貯まるようになっています。

さらに、楽天では、アンケート回答や検索・広告アプリの利用、ポイントメールの受信など、手軽にポイントをザクザク貯めることができるのが特徴です。

例えば、「スーパーポイントスクリーン」というアプリを利用すれば、5秒の広告を見るだけでポイントがザクザク貯まります。

たった5秒で年間8000ポイント!楽天スーパーポイントスクリーンとは

2017.10.08

まとめ

「節約」という観点で、Pontaポイントをお試し引換券にすることはお得ではないと私は結論付けました。

・お試し引換券では自分の好きな物を買えるわけではない。
・お試し引換券は飲食品が大半で、「必需品」が購入できるわけではない。
・Pontaポイントは、生活に必要な出費に利用した方が現金を支出を減らせる。
・節約するのであれば、楽天ポイントの方が「貯める・使う」に優れている。

ただ、Pontaポイントって「じゃらん」とか「ホットペッパー」とか日常で利用する店舗と提携しているんで気づいたら1000ポイントとか貯まっているんですよね。

そうやって貯まったポイントを、電気代やガソリン代に使うのは味気ない・・・確かにそう思います。

よって、「節約」ではなくて「自分へのご褒美」という観点でお試し引換券で日頃買えないものを買うのはアリだと思います

私も楽天ポイントを中心に貯めて「節約」をして、Pontaポイントは「自分へのご褒美」として利用するようにしていきたいと思います!

では!以上です。

いつも読んでいただきありがとうございます。
下記クリックで応援いただけますとブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
注目のランキングは下記から遷移できます!
ブログのランキングはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA