レターポットの始め方と【必読マナー】


今回はレターポットの始め方マナーを紹介します!

特に、マナーは超重要!

ぜひ確認してくださいね。

はじめに(必要なもの)

レターポットを始めるには、下記のいずれかのアカウントが必要です。

Facebookアカウント
Facebook公式ページへ

Twitterアカウント
Twitter公式ページへ

特に、レターポットを利用していく上では、Twitterアカウントは絶対にあった方がイイと思います。

Twitterの利用を勧める理由
・レターポット利用者と関わりが持てる
・レターを配ってる人と出会える
・新たに贈りたい人が見つかる

もしアカウントを持っていない方は、この機会に登録してはどうでしょうか(^^

レターポットの始め方

では、レターポットの始め方を説明しますね。

アカウント登録

今回はFacebookアカウントでの登録の流れを紹介します。
(Twitterの場合も基本的には同じです)

下記リンクより、レターポット公式ページに行ってください。

>> レターポット公式サイトへ

このような画面が表示されるので、Facebookでログインを押します。

 

規約を確認して、ボタンを押します。

 

Facebookとの連携ページが表示されるので、必要情報を入力してログインしてください。

※既にFacebookにログインしている場合、この画面は表示されません。

 

 

Facebookとの連携確認が表示されるので、問題なければログインしてください。

 

 

ログイン画面が表示され、登録は完了です!

※Facebookアカウント名が表示されますが、初期設定にて変更可能です。

 

初期設定

アカウント登録完了後は、初期設定です。

・レターポットで表示するユーザー名
・Facebookプロフィールを表示有無
といったもの。

ログイン画面の「こちらから氏名など登録してください」

 

更新ボタンを押して、初期設定は完了です。

ここまで完了したら、レターポットを始めたことを、TwitterやFacebookでシェアしてもイイですね!

レターが贈られてくるかもしれません(^^

レターの買い方

レターの購入は、100レター、1000レターから選べます。

ただ、大量に買ってもメリットがないので、100レターでいいと思います。

 

購入にはクレジットカードが必要です。

クレジットカードを持っていない方へ
クレジットカードを持っていないけど、レターポットをやりたい!!っていうことをツイートしてみましょう!

不思議かもしれませんが、誰かからレターが贈られてくると思いますよ(^^


レターの贈り方

さっそく、レターを贈ってみましょう!

贈る人が決まっている

贈りたい人が決まっている場合は、その人にレターポットのURLを教えてもらいましょう。

もしくは、名前で検索することもできます。

トップページで、レターを贈るを押します。

贈る人が決まっていない

とりあえず誰かに贈ってみたい、というのもイイですね!

そういうときは、今日が誕生日の人に贈っちゃいましょう!

トップページで、レターを贈るを押します。

スクロールすると下の方に今日が誕生日とあります。

レターポット誕生日

 

この人たちが本日誕生日の人です!

お祝いの気持ちを贈っちゃいましょう(^^

便箋を選ぶ

贈る相手が決まったら、便箋を選びましょう。
便箋は3種類あります。

 

便箋の種類によって、

・切手代(手数料)
・1文字に必要なレター数

が違うので、ご注意ください。

贈りたい言葉を書く

便箋が決まったら、言葉を書きましょう。

レターポット誕生日言葉

 

やってみると感じると思いますが、レターの消費がめちゃくちゃ気になります!

これこそが、レターポットの世界なんです。

【必読】レターポットのマナー

さてさて、最後に大事な話をします。

レターポットのマナーです。
と言っても2つしかありません。

①貰ったレターはSNSにアップしない

レターは、アナタだけに書かれた手紙です。

レターを貰うと嬉しくて、ついついSNSにアップしたくなるでしょう。

しかし、レターを贈った相手は、他人には見られたくないかもしれません。

公開したい場合は、相手に許可を得るようにしましょう。

①レターの返信は求めない

レターポットは、このイラストのような世界。

ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブの世界。

つまり、レターは一方通行です。

なので、返信されなかったからといって、怒ってはダメです。

レターポットの文化だと思ってください。

 

下記、発明者のキンコン西野さんの言葉です。

レターポットの基本精神はgive&takeではなく、give&giveです。日本語で言うなら『恩贈り』といったところでしょうか?

交換ではなく、贈与。見返りを求めずに贈るのが基本です。

なので、贈ったレターの返事がなくても、それはそういう世界だと思っていてください。

相手はあなたから貰ったレターを使って、また違う人にレターを贈っています。

そして巡り巡って、全然違う人から、あなたにレターが贈られてくる…そんな感じで捉えていただけると嬉しいです。

キンコン西野の公式ブログより引用

さいごに

レターポットの始め方を書いてきました。

僕が言いたいこと、

ようこそレターポットの世界へ!

 

仲間が増えて嬉しいです(^^

レターが届いたときって、めちゃくちゃ嬉しいんですよね。

嬉しくて、疲れや嫌なことが吹き飛びます。

 

自分が贈った言葉で、相手がハッピーになれるって、最高の世界じゃないですか?

こんな世界がもっともっと広がってほしいと思っています。

 

その他のお勧めの記事です。

レターポットとは?仕組みをカンタンに図解するよ【3分で分かる】

2018.02.05

リベンジ成人式とは?会場の雰囲気、参加者の感想をまとめたよ

2018.02.05

レターポットが換金できない理由【キンコン西野の狙いとは?】

2018.02.09

【レターポット】公開ポットって何?

2018.02.14

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
下記クリックで応援いただけますとブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
注目のランキングへは下記リンクから!
ブログのランキングはこちら






ABOUTこの記事をかいた人

「さばくびと」を運営している30代前半のリーマンブロガー。抱えた借金は770万円。サービス残業の嵐を受けて休職した経験も…借金や病気といった悩みを中心に書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA