適応障害の体験談「病気と甘えの勘違い」


適応障害…僕の病気です。

病気の記事は読みづらくなる傾向があるので、ストーリー形式で話を進めています。

 

第二話は、「病気と甘えの勘違い」です。

それでは、どうぞ。

登場人物紹介

今回の話に登場する「さばくびと」のキャラクターです。
登場人物紹介
>> 登場人物をもっと見る

前回までのあらすじ

ハードワークと上司のパワハラによって体調を崩した主人公。

適応障害」と診断されてしまった。

しかし、これまで病気を甘えと勘違いしていたらしい。

適応障害の体験談「やっぱり、僕は病気なのか…」

2017.12.13

病気を「甘え」と勘違い

てっきり甘えかと思ってました…
女医のミト
そう感じる人も多いよ。

むしろ、それがこの病気の一番厄介なとこだね…

なぜか仕事のときだけ体調が悪くなるんです。
女医のミト
適応障害はそういうもんなのよね…

そこで放置すると、どんどん悪化しちゃうんだよ。






僕の症状について

最初はそうでもなかったと思う。

「あー今日も仕事か…」

朝起きると、そういう憂鬱な気分になった。

こういった経験は誰にでもあるだろう。

だから、僕も気にしていなかった。

しかし、症状はどんどん悪化していった。

適応障害の症状(僕の事例)
▽通勤時
気分が塞ぎ、吐き気や頭痛がひどい。
通勤途中、うずくまってしまうこともあった。

▽仕事中
吐き気や頭痛は、やや減退。
上司が近くにいると動悸が激しくなる。

▽退社後
退社は24時前後。
不思議と体調は回復している。
しかし、なかなか眠れない。

▽休日
これらの症状は表れない
(日曜の夜から徐々に悪くなる)

仕事のときは体調が悪く
仕事から解放されると体調が回復するのだ。

こういった症状から、

「仕事が不調だから、こんな気分になるんだ」
「甘えてるだけだ」

そう思い込んでいた。

しかし、症状の悪化は続き、休日まで気分が塞ぐようになった。

ここで妻が異変に気づき、病院に行くように勧めてきたのだ。






甘えと感じやすい理由

女医のミト
典型的な適応障害の症状ね。
そうなんですか?
女医のミト
うん。

適応障害はストレスが原因だから、
ストレスから解放されると症状が回復するの。

なるほど…

だから退社後とか休日は症状がなかったんですね。

女医のミト
だからこそ、甘えと感じてしまうんだけどね。
そうですね…
仕事が不調だからかと…

あ、休日も症状が出ましたけど?

女医のミト
それはね…
とても危険なサインなの。

女医のミト
適応障害はストレスから解放されると症状が改善する。

でも、ストレスから解放されても改善しなくなってきていたのよね?

そうです。
女医のミト
それは「うつ病」になりかけていたってことよ。

適応障害とうつ病との違い

…すみません。

適応障害うつ病って何が違うんですか?

女医のミト
簡単に言うと、

適応障害は心の病気で、
うつ病は脳の病気ってことね。

女医のミト
うつ病の方が重症だよ。

適応障害が風邪で、
うつ病が肺炎って感じかな。

症状が一時的かどうかで判断するんですか?
女医のミト
そう、重要な判断基準の1つだね。

早く気づいて良かったと思うよ。
奥さんに感謝しなきゃね…

でも、適応障害と甘えって
どうやって見分けたら良かったんでしょうか…?

適応障害と甘えの見極めは難しい?

女医のミト
適応障害を知らない人が見極めるのは、ほとんど無理じゃないかな。
無理?
女医のミト
「風邪を引いた!」って
どういう時に思う?

熱が出たり、喉が痛くなったり、鼻水が出たり、とかですかね。
女医のミト
じゃあ、お風呂上がりに熱が38度あったら、風邪だと思う?
それは思わないですね…

風呂入って体温が上がっただけですし、そのうち下がりますし。

一時的なものです。

女医のミト
そうでしょ?

適応障害も似たように感じるのよ。

体調が悪いのは一時的で、
ストレスから解放されると回復しちゃうし。

確かに…
そう言われると難しいですね…
女医のミト
でもね、知識がなくても人は助けられるんだよ。

適応障害と甘えは見分け方

女医のミト
適応障害と甘えを見極めるポイントは4つあるの。
適応障害の判断基準
1.日常生活に支障が出ているか?
2.ストレスの原因が明確か?
3.ストレスから離れると回復するか?
4.他の病気ではないか?
なんか、難しいですね…
女医のミト
そうよね。

だから、「支障が出ている」時点で病院を勧めるだけでいいと思うの。

後は、医者が判断するから。

なるほど…
女医のミト
「体調が悪そうな人を見かけたら、心配してあげる」

これってさ、普通だと思わない?

そうですね…

人のことを考えずに、その人の仕事ばかり見てる気がします。

女医のミト
私はね…

サラリーマンって、ロボットよりも酷い扱いを受けてると思うの。

ロボットよりも?
女医のミト
ロボットの調子が悪かったら
「何が悪いんだろう?」って心配して修理屋を呼ぶじゃない?

なんで人間には、そういう思いやりがないんだろうって思うのよねー。

治療のこと

あの…

僕はどうすればいいんでしょうか?

女医のミト
私は休むべきだと思うわね。
休職した方がいいと思う。
きゅ、休職…

(どれぐらい休むんだろ…)



第三話へ続く。

いつも読んでいただきありがとうございます。
下記クリックで応援いただけますとブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
注目のランキングへは下記リンクから!
ブログのランキングはこちら






ABOUTこの記事をかいた人

「さばくびと」を運営している30代前半のリーマンブロガー。抱えた借金は770万円。サービス残業の嵐を受けて休職した経験も…借金や病気といった悩みを中心に書いています。

2 件のコメント

  • 休職って単語が出ましたね。私も最初はそんな大袈裟な!って思いましたが休んでみて、体調がよくなりました。

    ロボットと人間が違うのは、自己修復できるかどうかですね。ただ、修復しながら傷ついているのでそれが限度越えるまで動けてしまうのが問題ですよね。

  • まさか自分が休職をすることになるなんて…
    でも、休むと体調良くなるんですよね。
    ストレスの影響って本当に大きい。

    人間の自己修復能力も個人差がありますしね。
    すぐに回復できる人もいれば、なかなか回復できない人もいますし…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA