【レターポット】公開ポットって何?

どうも、さばくびと(@sbkbit_blog

「公開ポットって何?」
「公開ポットにレターを贈ると、何で支援になるの?」

このような質問を受けました。

 

実はコレ、なかなか鋭い質問なんですよね。

レターには、「1レター5円」という価値があるわけだけど、売上が発生しているのは、レターを購入したタイミングですからね。

 

「公開ポットにレターを贈ったところで、お金は動かないのでは?」

このように思うのも無理ありません。

 

そこで、今回は公開ポットの仕組みを解説していきます。

個人ポットと『公開ポット』の違い

まず最初に、個人のポットと、公開ポットの違いを説明します。

 

個人ポットとは、一人一人の個人が持つポットのことです。

個人間でのお礼・支援などに使います。

個人間のやり取りなので、贈った言葉は非公開です。

また、もらったレターは再利用できます。
(次の人に贈ることができる)

 

一方、
公開ポットは、運営による資金調達用のポットです。

平たく言えば、運営にレターを贈り、運営はそのレターをもとに支援を行うという訳です。

贈ったレターはこのように公開されます。

 

また、少し難しい話になりますが、
贈ったレターは市場から消滅し、再利用されません。(詳しくは後述)

 

違いをまとめると、

個人ポットと公開ポットの違い
個人ポット
・一人一人の個人が持つポット
・個人間でのお礼・支援などに使う
・贈った言葉は非公開
・もらったレター数は再利用できる

公開ポット
・運営が設置するポット
・支援のための資金調達に使う
・贈った言葉は公開される
・贈られたレターは市場から消滅する

 

ここで疑問が残ります。

なぜ、公開ポットが必要なのでしょうか?

なぜ、運営者(例えば、西野さん)の個人ポットに、贈るのではダメなのでしょうか?

 

公開ポットが必要な理由は、大きく2つです。

公開ポットが必要な理由
①目的・使い道を明確にし、支援者の賛同を得るため

②市場からレターを消滅させ、資金源にするため

具体的に見ていきましょう。

公開ポットが必要な理由1:目的・使い道を明確にするため

支援はしたいけど、何に使われるんだろう?

このように、『支援の使い道』が気になる人も多いと思います。

「使い道が不明確なモノ」にお金を使うのは、誰でも迷ってしまいますよね。

 

例えば、
「病気で苦しむ子供に贈ります」

というよりも

「病気で苦しむ○○君の治療費に使います」

の方が、使い道が明確です。

使い道が明確な方が、安心して支援でき、結果的に集まる支援金も多くなります。

 

同様に、公開ポットも、使い道に応じて分けられています。

 

台湾東部への観光支援 の公開ポット」に届いたレターは、当然、台湾東部で発生した震災の支援に利用されます。

運営スタッフへの応援 の公開ポット」に届いたレターは、当然、運営スタッフへの支援として利用されます。

 

公開ポットがあることで、趣旨に賛同できるモノだけに支援ができる、ということですね。

 

これを個人のポットで何とかしようとすると

震災支援は、Aさんのポットに贈って!
運営支援は、Bさんのポットに贈って!

これだと、さすがに混乱しますよね…

公開ポットが必要な理由2:市場からレターを消滅させ、資金源にするため

少し、ややこしい話をします。

レターポットのサービスでは、
レターが買われた時点で、運営が使えるお金になるわけではありません。

 

以下、キンコン西野の公式ブログより引用。

「レターポットは“『レター』の売り上げ”でサーヒスを回している」と思われている方が少なくないのですが、そうではありません。

運営としては、有事の際に即座に支援できるように日本円をプールしておく必要があります。

レターの売り上げを(会社の利益として)使ってしまうと、支援したい時に支援することができません。

運営はレターの売り上げには手をつけられないのです。

では、レターポットのサーバー代や広告費や、スタッフさんのお給料や僕の風俗代はどこから出ているのか?

それは、レターの売り上げから出ているわけではなく、市場から消滅したレターの売り上げから出ています。

 

簡単にまとめると、

レターポットの資金源
・運営は、すぐにレターの売上を使えるわけではない

・レターの売上金は、有事の際に備えて残しておく必要がある

・自由に使えるのは「市場から消滅したレターの売上」のみ

 

市場からレターが消滅するケースは、3通りあります。

市場からレターが消滅するケース
①手紙を贈る際に発生するレター(切手代)

②4ヶ月の有効期限が切れたレター

公開ポットに贈られたレター

 

③公開ポットの存在は非常に大きいですね。

公開ポットに贈られたレターは全て、市場から消滅するので、資金を早く大量に集められるからです。

(結果、迅速に大きな支援ができる)

 

ちなみに、「リベンジ成人式」というイベントがありましたが、あの時は公開ポット機能ができる前にレター集めをしていました。

やり方は、
「西野さんのポットに支援レターを入れる」

 

あれって、大赤字なんですよね。

西野さんのポットにレターが入っても、市場からレターは消滅しないですから。

 

下記、西野さんのコメント。

今回は『公開ポット』ができる前でのことだったので、応急策として、僕のポットに皆様からの応援レターを贈っていただきましたが、これでは市場から“切手分”しかレターが償却されないので、支援活動費用を捻出することができません。

つまり、リベンジ成人式の費用は「西野さんの自腹」ということ。報道されていた通りですね。

 

西野さんに贈られたレターは、レターポット普及のために利用しているのかと思います。

・新規ユーザーへの感謝レター
・レターポット普及活動へのお礼レター
などなど

まとめ

公開ポットについてまとめます。

個人ポットと公開ポットの違い
個人ポット
・一人一人の個人が持つポット
・個人間でのお礼・支援などに使う
・贈った言葉は非公開
・もらったレター数は再利用できる

公開ポット
・運営が設置するポット
・支援のための資金調達に使う
・贈った言葉は公開される
・贈られたレターは市場から消滅する

公開ポットが必要な理由
①目的・使い道を明確にし、支援者の賛同を得るため

②市場からレターを消滅させ、資金源にするため

 

レターポットの仕組みは理解を深めれば深めるほど、凄いと思ってしまいます。

今後の発展が楽しみですね!

 

レターポットの関連記事をご紹介します。

レターポットの始め方と【必読マナー】

2018.02.06

レターポットとは?仕組みをカンタンに図解するよ【3分で分かる】

2018.02.05

リベンジ成人式とは?会場の雰囲気、参加者の感想をまとめたよ

2018.02.05
いつも読んでいただきありがとうございます。
下記クリックで応援いただけますとブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
注目のランキングは下記から遷移できます!
ブログのランキングはこちら



2 件のコメント

  • ん?風俗代?
    もっかい、読みなおしてみよう。

    レターポット素敵ですね。
    Facebookのアカウント取得しようか検討中。

  • 非正規パパ さん

    ブログ、見ていただきありがとうございます!

    レターポットいいですよ!
    ほんと、お勧めします(^^

    僕もFacebookアカウントを、レターポットのために取得したぐらいです…!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA