結婚式の借金は正解だったのか?私の失敗と伝えたいこと


結婚が決まった君、おめでとう。

この記事を見ているということは、君もお金に困っているのだろうか。

僕は結婚式で大きな借金をした。

28歳の時だ。

この借金を境に、僕は大切なものを失い、そして大きなものを背負うことになる。

結婚式の費用を借金でなんとかしようとしているのなら、君も同じ運命をたどるかもしれないな。

君がどういう道を選ぶのかは知らないが、僕の経験が少しでも役に立つことを願っている。

プロポーズ


僕が彼女にプロポーズをしたのは、27歳のときだ。

僕より2歳年上の彼女は、早く結婚したいと思っていただろう。

「30歳までには結婚したい」

彼女はそう言った。

僕も同じ気持ちだった。

ここで詳しくは触れないが、彼女は橋本病という病気を抱えており、僕が精神的な支えになってあげたい、そう思っていた。

 

桜と菜の花が綺麗な場所、そこがプロポーズの場所だった。

順調な人生設計に見えるだろうが、問題はあった。

僕は全くお金が無かったんだ。

結婚費用は500万円

27歳の正社員であれば、真面目にコツコツと貯金をしていれば数百万の貯金があるだろう。

しかし、僕は友人との遊びに明け暮れて、お金を湯水のように使っており、常に貯金はゼロだった。

情けない人間だ。

 

こんなことを言うと非難されるかもしれないが、僕は結婚式には1ミリも興味がなかった。

ただの浪費…そういう考えだ。

しかし、一生で一度の思い出と言われると、そうかもしれない、と思うところもあった。

だから、結婚式は最高の1日になるように一緒に考えた。

 

ただ、蓋を開けてみると、とんでもない金額が出てきた。

500万円だ。

高すぎる…そう思った。

ただ、ご祝儀を差し引くと自分たちの負担は200万ほどになるらしい。

まぁ、それでも大金には変わりはない。

 

ここで正直にお金が無いことを告白していれば、何か変わっていたかもしれないが、僕は見栄を張ってしまった。

「大丈夫だよ」

本当にバカな奴だ。

結婚式のお金を借金で調達した


結婚式が決まってからの1年弱の間、僕は無駄遣いをやめて必死にお金を貯めた。

外食はせずに食費を抑え、買い物も必要最低限に抑えた。

それでもお金は足りなかった。

残された道はもう借金しかない。

 

「借金をすると人生が終わる」

幼いころから祖母にそう言われて育った。

こんなことを言うと笑われるかもしれないが、僕の借金のイメージは『ヤクザ』で、怖い人間のいる建物に入らないと借りれないと思っていた。

 

しかし、調べてみると、誰にも知られることなく借りられるという。金利も低い。

いつしか恐怖心は薄れ、カードローンを手に入れていた。

そのカードローンが人生を大きく狂わすことになるとも知らずに、だ。

結婚式の終了と、返済生活


大金をかけた結婚式は一瞬で終わった。

3時間ほどの時間に500万だ。すごい買い物だな。

結局、僕は100万円の借金を背負った。

 

簡単に返せる金額では無かったけど、コツコツと真面目に返済したよ。

飲み会や友人からの誘いを断り、今まで欠かさずしていた母の日や父の日の贈り物も辞めた。

それでも妻の誕生日や、結婚記念日には外食をして、プレゼントを贈った。そして、2人の休みを合わせて旅行にも行った。

借金を悟られないように、ね。

結局、完済するのに2年ぐらいかかったかな。

無事、完済。

 

「借金をすると人生が終わる」

祖母はそう言ったけど、そんなことはなかった。

借金をしたところで、人生は終わらない。

完済後、僕の手元には、いつでも100万円を引き出せるカードが残っていた…

完済から始まった借金地獄

この流れだともう分かるだろうが、僕はこのカードを使って再びお金を借りた。

使い道は、投資だ。

NISAや確定拠出年金などの制度が充実してきた背景もあって、僕は投資に夢中になった。

リスクの高い投資にもどんどん手を出した。

それらは失敗を繰り返し、損を取り戻そうと借金をして投資を続けた。

しかし、その投資もことごとく失敗し、借金に借金を重ねた。

 

借金をする恐怖は全く無い。

「借金をすると人生が終わる」

いつしか祖母はそう言ったが、借金をしたところで、人生は終わらないことを僕は知っている。

 

ヤバイと気づいたときには、借金は700万円を超えていた。

利息だけで毎月4万円が消える金額だ。

そして、ちょうどその頃、我が家には新しい家族が増えるところだった。

自由に使えるお金も少なく、本当にお金に困る状況になっていたんだ。

借金が結婚生活を変えた


もう余裕は無かった。

借金の返済だけで毎月9万円が必要だったからだ。

もちろん、700万円もの借金があるとは誰にも言えない。

 

妻の誕生日や、結婚記念日の外食、プレゼントや旅行は、あれこれ理由をつけて辞めた。

「なんか変わったね…」

妻はそう言った。

しかし、僕には余裕が無い。

毎月9万円の返済は待ってくれないんだ。

 

それから返済は進んでいるものの、まだ600万円もの借金が残っている。

途方も無い金額だ。

まだ借金地獄の終わりは見えない。

結婚式で借金をしたことは後悔していない

借金の返済にボロボロになっている僕だが、結婚式をしたことは全く後悔していない。

「あの時、やっておけば…」

やらないで後悔するよりも、やって後悔する方がいい。僕はそう思っている。

 

少なくとも、結婚式は一生に一度の経験で、やりたいと思ったところで簡単にできるものでは無い。

だからこそ、その経験ができたことに後悔はしていないよ。

目的別ローンを選べば良かったと思う


結婚式をしたことには後悔はしていない。

しかし、借金を700万まで膨らませてしまったのは、大きな失敗だったと後悔している…

 

そうだな…
僕の失敗からアドバイスをしたい。

借金はしない方がいい。
そんな当たり前のことは言わない。

どうしても借金が必要ならば、目的別ローンにすることだ。

簡単に金を引き出せず、歯止めが効く

目的別ローンには金を借りる理由が必要だ。結婚も理由の1つ。

また、完済するまで追加で借りることができない。

例えば、100万円借りて50万円を返したから、10万円を追加で借りよう。こういったことはできない。

目的別ローンは、カードローンのように簡単に引き出せないから、歯止めが効く。

金利が低く、負担が少ない

銀行のカードローンは金利が低いが、目的別ローンはそれ以上に金利が低い。

例えば、借金200万円の金利が10%と5%では、返済の負担が全く違う。

金利と利息
 金利12% :年24万円の利息
 金利6% :年12万円の利息

わざわざ苦労する道を選ぶ必要はない。
金利は抑えろ。

さいごに

「借金をすると人生が終わる」

僕の祖母はそう言った。

しかし、今の時代は法律も厳しくなって、借金をしたぐらいでは人生は終わらない。

 

ただ、借金をすると日常が本当に苦しくなる。

やりたいことができない。

100万円を貯金するのと、100万円の借金をするのでは、まるで負担が違う。

利息が重いというのもあるが、精神的な負担も重い。

僕のような失敗をする人間が、一人でも減ることを願っている。

>> (無料・匿名)借金解決診断シミュレーターを使ってみる

 

全てがうまく回りだしたと思ったのに、家族が崩壊していく

2018.01.07

株で1100万円の大損。借金を抱えてしまいました

2017.11.16

 

その他の借金関連記事です。

【ソシャゲ借金・課金】後悔して嘔吐するデブニート

2018.01.21

藤原亜紀乃とは?26歳にして処女・借金700万円のタレント女優

2018.01.18

【悲報】奨学金の返済のため、女子大生がバイト漬け

2018.01.04
いつも読んでいただきありがとうございます。
下記クリックで応援いただけますとブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
注目のランキングへは下記リンクから!
ブログのランキングはこちら






ABOUTこの記事をかいた人

「さばくびと」を運営している30代前半のリーマンブロガー。抱えた借金は770万円。サービス残業の嵐を受けて休職した経験も…借金や病気といった悩みを中心に書いています。

2 件のコメント

  • 借金は身を滅ぼしますよ。私は、お金を貸すのも借りるのも絶対イヤ。どんな小さい金額でも。友達同士で貸し借りしたら友達も無くす。
    ある物書きさんが「よく、100円貸して、返すから。とか言う人がいるが、そういう時は、あげることにしている。はい、あげる。と」と書いてらしたので、これは至言かなと思う。お金とは、貸したら返ってこないと思えということ。そして「100円恵んでもらった」ほうも、そこで学習して二度と簡単に貸して、とは言わないで欲しい。

    ところでこのブログ、何人のメンバーが交代で書いてるんですかね?
    この前、ここで橋本病のアラサー女性の記事を読んだけど、奥さんですか?

  • アラカン主婦さん

    コメントありがとうございます。
    友達や知り合いからは絶対に借りないですね…信用もありますが、誰にも借金をしてるってバレたくないからです。ウワサが広まるリスクもありますし。

    >>このブログ、何人のメンバーが交代で書いてるんですかね?
    そうですね、現在は3名で書いています。
    橋本病の記事は妻ではなく、SNSで知り合って記事を書いてもらっている方です(^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA