単身赴任ってどうなの?21個のメリットとデメリットを教えます


この度、単身赴任が解消されました。

単身赴任になってから5年が経ち、ようやく解消されて家族の元に帰ることができます。

嫌だったこともありますが、解消されると「あーこういうことは単身赴任の方が良かったな」と思うことも多くあります。

そこで、今回は単身赴任のメリットとデメリットを紹介しますね。


この記事の前提

まず、僕の環境を書いておきます。

同じ環境の人は、
とても参考になるかもしれませんが、
全く違う環境の人には響かないと思うので。

単身赴任したときの僕はこんな感じです。

僕の環境
・家庭環境
 既婚・子持ち(幼児)
 共働き

・赴任場所
 家族の家まで車で2時間。
 (毎週末は帰省)

このような環境で感じた単身赴任のメリットとデメリットを書いていきますね!

単身赴任のメリット

自由に飲みに行ける

結婚して子供ができると、飲みに行くのも簡単ではなくなります。

子供の世話もあるし、家事もあるし、平日でもいろいろとやることがありますから。

 

しかし、単身赴任の場合は、好きなだけ飲みにいけます。

飲みに行ったかどうかなんて、嫁や子供には分かりませんから。

自由に遊びにいける

そして、「自由に遊びにいける」というのも大きなメリットです。

仕事が終わった後は、まっすぐ帰るのが普通ですよね。

 

しかし、単身赴任中だと仕事が終わったら完全に自由!

温泉に行くこともありましたし、一人映画を観に行くこともありました。

フットサルをしたりジムに行くのも自由でしたね。

趣味に没頭できる

家でゲームをしたり、ネットをしたりしていると何かと文句を言われますよね。

しかし、単身赴任だとそんなことは全くありません。

家に帰ってからは好きなだけ趣味に没頭できます。

デームを何時間してもいいし、ネットもし放題。

 

僕は単身赴任が解消されましたが、家でネットをしていて大げんかをしましたからね…

全てがうまく回りだしたと思ったのに、家族が崩壊していく

2018.01.07

子供の世話をしなくていい

子供と遊ぶって結構疲れるんですよね。

永遠と単調なおままごとに付き合ったり、本を読んだり、おもちゃで遊んだり。

いや、可愛いんだよ。可愛いんだけど、疲れるんです。

遊ばないとぐずって泣いたりされると、ちょっとイライラしてしまうし。

そういうことも、単身赴任中はありません。

家事は自分の好きなだけ

どれだけ家事をするかって、人によって違うじゃないですか?

毎日掃除をしたい人もいれば、1週間、1ヶ月ぐらいの頻度でいい人もいるし、全く掃除をしなくても気にならない人もいる。

そういった感覚は、結婚するとどちらかに合わせることになる。

まだ掃除しなくてもいいと思ってても掃除をしなくちゃいけないときもあるし、掃除をしなくちゃいけないと思ってても協力を得られなくてできないときもある。

単身赴任中は、そういったストレスがありません。

見られたくない物を退避できる

これも大きいかも!

家が二つあるんで、通販の送り先を選べるんですよね。

家族に見せたくないものを買いたいときってあるじゃないですか?そういうときに便利です。

まぁ、最近ではコンビニで受け取ることもできるようになってきたんで、バレずに受け取れたりできますが…

家で好きなだけ音楽を流せる

僕はブログを書いたり、何か作業をしてるときは「作業BGM」を流しています。

だけど、家族がいると「うるさい」って言われるんですよね。イヤホンとかヘッドフォンで聴けばいいって思うかもしれないけど、それだと話しかけられても気づかないから怒られる。

だから、作業をするときは外出することになってします。家でやりたいのに。

単身赴任だと、そういった配慮は不要で、好きなだけ音楽を流せます。

朝ゆっくりできる

子供ができると、朝は子供に朝食をあげることから始まります。

食事はだいたい前夜に作り置きをしてるんですが、食事をあげるのも一苦労です。

食べるスピードも遅いし、素直に食べてくれないし、ぐずります。好き嫌いがあったりすると余計にイライラしてしまいます。

 

一人だと、そういうことも全くなし!

早く起きてやりたいことをやってもいいし、ギリギリまで寝ていてもいい。

好きなだけ仕事ができる

仕事に集中したい時期ってあるんですよね。

でも、共働きだと自分だけの都合で残業をするわけにはいかなくなります。

どれだけ周りが残業をするような状況であっても、保育園に迎えに行く時間になると退社をしなくてはなりません。

もっと働きたい人にとっては苦痛でしょうね。

単身赴任中は、気兼ねなく仕事に集中できます。

家族へのサプライズを準備できる

何か手作りの物をプレゼントしたいと思っても、家族と一緒に住んでるとなかなか難しいものです。

仕事をしながらなので、時間はかかってしまうし、油断すると家族にすぐにバレてしまうし。

単身赴任中だと、家族にバレずにサプライズを準備できるのもイイですね。

新鮮な気持ちで家族と会える

単身赴任では、家族と会える時間も限られているので、イライラすることも少ないですね。

結構、新鮮な気持ちで妻や子供に会えます。

毎日一緒にいると、それが当たり前のように感じてしまうんですよね。良くないけど。

1週間に1回、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回…というような頻度で会うとなると、やっぱりその時間って貴重に感じますよ。

仕事を休むと1日中が自由

そして、何よりも最高なのが、有給で仕事を休んだとき。

1日中を自由に過ごせます。

観光するものいいし、勉強するのでもいい。完全に自由です。

ギャンブルにハマっていたころは、1日中パチンコとかスロットをしているときもありましたからね…完全にダメ人間だったな…

こっそり転職活動ができる

単身赴任中に転職したいな、と考えることも多いと思います。

しかしながら、転職活動をするとなると、家族を不安にしてしまう可能性もあります。

転職エージェントとの面談やセミナーに参加するだけでも、家族は分かってしまいますからね…

しかし、単身赴任先であればそのような心配もありません。

何よりも、自己分析をできる十分な時間があります。

 

とはいえ、いきなり転職エージェントに登録するのはハードルが高いですよね。

なので、まずは”自分を知る”ことから始めてはいかがでしょうか。

グッドポイント診断のサイトでは、無料であなたの強みをしっかりと分析してもらえます。

ぜひやってみてください。

>> グッドポイント診断をしてみる

goodpoint

単身赴任のデメリット

孤独を感じる

単身赴任は自由な反面、孤独を感じるときもあります。

一人だと、そういうこともなくて、「玄関をガチャ、荷物をドサっ、息をフーっ、シーン………」これが日常です。

仕事で疲れて家に帰ってきて、「おかえり」の一言があるだけで、疲れが一瞬で消えることってあるんですよね。

単身赴任先の家事は全て自分

一人暮らしと同じく、単身赴任先の家事は全て自分でしなくてはなりません。

割と面倒です。

僕の場合、毎週末に帰省していたので、週末は家族の家を掃除、平日は単身赴任先の掃除をしていました。

家事育児をしていないと罵られる

単身赴任をしていると、やりたくても家事育児はできませんからね。

嫁に罵られることもありますし、会社で嫌味を言われたり、場合によっては、義母さんや義父さんにゴニャゴニャ言われることもあります。

実際に、何もしてなくて楽だから何も言えないんだけどね…

子供の成長に立ち会えない

子供の成長って本当に早いです。

ついこの前まで、ハイハイだったのに、掴まり立ちをして、歩き出しています。

言葉もどんどん覚えていきますし、自分で片付けをしたり、服を着たりもできるようになります。

そういった瞬間に立ち会えないのは、非常に寂しい。今まで出来なかったことができた瞬間を目にするときって、感動します。涙が出そうになる。

 

でも、単身赴任でたまに帰るような状態だと、いつの間にか成長してるんです。

「えええええええ!?」って。

めちゃくちゃ驚きますし、その一方で寂しさを感じます。

子供に「誰?」と言われる

子供の成長を目にできないのもツライかもしれませんが、それよりも、子供に他人扱いされる方が傷つくと思います。

子供が幼いと、問答無用で泣かれますね。ギャン泣き。地味に傷つく。

たまに帰ったとしても、「帰ってくんなよ!」って言われる妄想をしてしまう。

そうなると、次第に帰る頻度も減りますよね…

家族への愛情が薄れる

そういったこともあり、家族への愛情が薄れることもあると思います。

「家族ってやっぱりイイなー!」って思えるようなことがあれば、そんなこともないんでしょうけど、たまに家に帰ったとしても、確実にウザがられますからね。

お土産を買っていったり、お小遣いを渡したり、必死に一緒に遊んだり。

何やってんだろう…って。

浮気をしてしまう!?

そんな感じで、家族への愛情が薄れてくると、浮気をする可能性もあるでしょうね。

浮気をしなくても、風俗にいく人もいると思います。なんせ自由ですから。

 

まぁ、僕の場合は、そこまでモテる人間じゃなかったんで、浮気も風俗もなかったですが…

お金がかかる

単身赴任は、お金がかかります。

単身赴任先の家賃は会社が全額負担してくれる場合もありますが、多くは8割負担とか、1万円だけとか、家賃がかかります。

それに加えて、光熱費、水道代、ネット費用、NHK料金(テレビがあれば)も必要です。

 

そもそも、家具や家電がなければ、自分で用意しなくてはなりません。

面倒だし、金がかかる。

僕の会社では、単身赴任手当が毎月2万円もらえていましたが、大赤字でしたよ。

将来設計が難しくなる

家族と一緒に住んでいると、子供の人数や家の購入などの将来設計がしやすいと思います。

しかし、単身赴任だと難しい。

単身赴任期間が明確に決まっていればいいけど、だいたいは変動しますからね。

ちなみに、総務省の調査によれば、3年以内が7割、5年以内が2割、5年以上が1割という結果だったようです。

まとめ

単身赴任のメリットとデメリットを紹介してきました。

メリット
・自由に飲みに行ける
・自由に遊びにいける
・趣味に没頭できる
・子供の世話をしなくていい
・家事は自分の好きなだけ
・見られたくない物を退避できる
・家で好きなだけ音楽を流せる
・朝ゆっくりできる
・好きなだけ仕事ができる
・家族へのサプライズを準備できる
・新鮮な気持ちで家族と会える
・仕事を休むと1日中が自由
・こっそり転職活動ができる
デメリット
・孤独を感じる
・単身赴任先の家事は全て自分
・家事育児をしていないと罵られる
・子供の成長に立ち会えない
・子供に「誰?」と言われる
・家族への愛情が薄れる
・浮気をしてしまう!?
・お金がかかる
・将来設計が難しくなる

やっぱり、単身赴任は「自由」ですよ。

デメリットは、家族との繋がりが薄れることですね。

単身赴任中は楽かもしれないけど、終わって帰ると「離婚」とかなりかねない。

 

僕も単身赴任が良かったなーと感じることもありますが、家族と一緒の今が幸せと感じることも多いです。

参考になりましたら幸いです。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。
下記クリックで応援いただけますとブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
注目のランキングへは下記リンクから!
ブログのランキングはこちら






ABOUTこの記事をかいた人

「さばくびと」を運営している30代前半のリーマンブロガー。抱えた借金は770万円。サービス残業の嵐を受けて休職した経験も…借金や病気といった悩みを中心に書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA