投資信託で大損!財産の6割を失う暴落が近い!?

証券外務員の資格を持つ、てく(@sabaku_bito)です。

ここ数年の株高で、

「投資しない奴、バカ」

こんな雰囲気が広がってるので警鐘を鳴らしておきます。

株価暴落が近いと言われています。

そうなると、投資財産は40%以下に落ちる可能性があるでしょう。

株価暴落は近い!?

まずはこれを見て欲しい。

また、上記チャートにはないが、
1990年にバブル崩壊もある。

暴落の歴史
1990年:バブル崩壊
2001年:ITバブル崩壊
2008年:リーマンショック

つまり、株価暴落の発生後、
7〜10年程度次の暴落が発生しているのだ。

 

さて、今は何年だろう?
そう、2017年で、もうすぐで2018年だ。

リーマンショック発生から、もう10年になる。

暴落の日、Xデーは近いと感じないだろうか?

株高で総楽観な雰囲気だからこそ、警戒をしておくべきだ。

積み立て投資は本当に安全か?

積み立て投資をしよう

こういった投資の勧めをよく聞く。

ドル・コスト平均法」という、高値で掴むリスクを軽減する投資手法だ。

 

リスク軽減は正しい

しかし、これは

長期投資で初めて効果が出る

投資手法である。

 

例を挙げよう。

下記は、
ニッセイ日経225インデックスファンド
という投資信託だ。

楽天の買付ランキング5位の人気銘柄である。

 

上記のチャートを見てもらえばわかるように、
高値から60%も下落している。

さらに、元の価格に戻るには7年もの歳月が必要だった。

もし、100万円を投資していれば、40万円になるということだ。(60万円の含み

今、積み立ててはいけない人

株価が暴落がする可能性は十分ある。

そうなれば、積み立てていた投資信託の価格は、40%程度にまで下落するかもしれない。

 

よって、

近いうちにお金が必要な人

こんな人は、積み立てを始めるべきではない

 

例えば、

投資資金の用途
・3年後の大学入学費用
・4年後のマイホーム頭金
・5年後の結婚式費用

こういった人は、来年暴落したときに、
お金が欲しい期日までに株価が戻らないリスクを認識してほしい。

他の人も例外ではない

もちろん、10年、20年、30年と長期投資をする人も例外ではない。

 

例えば、
「定年を迎えた60歳で引き出そう」
と考える人がいるかもしれない。

しかし、その時に暴落している可能性もある。

経済はあなたの定年など気にしないのだ。

 

じゃあ、いつ引き出せばいいのか?

答えは簡単だ。

お金が必要なら暴落する前に引き出せばいい。

できれば、世界的な株高な状況がいい。

 

つまり…

今だ。

いつも読んでいただきありがとうございます。
下記クリックで応援いただけますとブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
注目のランキングは下記から遷移できます!
ブログのランキングはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA