日経平均テクニカル分析(2017年12月18日〜12月22日)

相場で安定して勝つためには、
振り返り反省が大切だと思います。

自身の今後のためにも、
2017年12月18日〜22日の振り返りをします。

当記事は、日経225先物取引テクニカル分析についてです。

今後の予想についても記載しました。

専門用語オンパレードなので、興味のある方のみご覧ください…

それでは、どうぞ!

今週のテクニカル分析

今週の後半は値動きのない一週間でしたね。

クリスマス休暇を控えて、様子見ムードといったところでしょうか。

日経225先物 12/18〜22の値動き
始値:22520円
安値:22470円
高値:22980円
終値:22850円

またしても、23000円に届かず、
その後は22900円が上値に抑えられました。

ツイートを見ながら振り返りましょう。

月曜はV字回復

月曜はV字回復でした。

ツイートにあるように、

上値抵抗線が下値抵抗線に転換したところ

「買いポイント」となります。

火曜に利益確定

上昇トレンドは火曜日に消滅してしまいます。

ここで買いポジションは手仕舞いですね。

サイン通り行動すれば、
22710→22910 +200円(20万)ですね…

残念ながら、僕は参入できず…

子供の世話をしていました(泣)

水曜以降はレンジ相場に

一旦、下落トレンドかと思わせるチャートになりました。

予想通り下落します。

やったー!22500円まで下げるか!?

と喜んでいたら、22690円でストップ…

この止まったのが、ちょうどアウトライン。
なんとまぁ、できすぎたチャートですね。

その後は、完全なレンジ相場です。

特に22900円で売りを刺しておけば、猿でも儲かるという相場になっています。

僕は、レンジ相場は好きではありません…

大きな利益を狙いにくいですし。

まぁ狙わないよりマシかもしれませんが…

レンジ相場で利益を狙うなら、
こまめな利益確定が必要ですね。

今後の予想

「相場に付いて行く」というのが基本姿勢なので、
予想はあまり意味がありません。

しかし、
・相場感が身につく
・動いたときに迅速に対応できる

これらの理由により、ある程度予想はしています。

日足で見ると、三角保ち合いになっているように見えます。

これは上値を突破する可能性が高い形状です。

22900円を突破し、23000円を目指す動きが期待されますね…

僕の場合は、週足や日足で大きな動きを把握し、60分足や30分足でこまかく売買していくトレード手法にしています。

日足だと、どうしてもトレンド発生が少ないので。

今週のまとめ

それでは、今週のポイントをまとめます。

今週のポイント
・抵抗線の変化がトレンド発生のサイン

・レンジ相場は大きな利益を狙いにくい、こまめに利確していく

2017年の相場も来週で終わりですね…

早いものです。

来年は大きな利益を出せるように、分析力、情報収集力を高めていきたいと思います。

ご連絡!
※Twitterアカウントを変更しました

今後、テクニカル分析は
下記アカウントで発信していきますので
こちらをフォロー願います。


いつも読んでいただきありがとうございます。
下記クリックで応援いただけますとブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
注目のランキングは下記から遷移できます!
ブログのランキングはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA