NISA・つみたてNISAの選び方【知らないと400万円の損!?】


運用した利益が非課税になるNISA。

NISAには「通常NISA」と「積立NISA」があります。

 

みなさんはどちらにどんな特徴があって、どういう基準で選べばいいかを理解しているでしょうか?

何も理解せずに他人の勧められるがままに、積立NISAや通常NISAを選ばないようにしましょう。危険です。


通常NISAと積立NISAの比較

一覧にまとめるとこんな感じ。

比較内容 積立NISA 通常NISA
年間投資上限金額 40万円 120万円
投資可能期間 2018年1月~2037年12月末まで 2023年12月末まで
非課税期間 20年 5年
非課税対象銘柄 投資信託、ETFのうち
一定基準を満たした銘柄
原則全銘柄(上場株式、投資信託、
ETF、上場REIT、ETNなど)
投資方法 積立投資のみ 制限なし

これだけ見てわかる人はいいのですが、どちらの制度が優れているかよく分からない人は、以降をお読みください。

【通常NISAと積立NISA比較】どちらが優れているか?

まず、非課税枠から。

最大非課税金額

NISAの最大のメリットは、利益が非課税になることですからね。

この金額が多い方がいいわけです。

トータル非課税金額
①通常NISAだけを利用:600万(120万×5年)

②積立NISAだけを利用:800万(40万×20年)

③通常NISA終了後、積立NISAに移行:1200万(通常NISA:600万、積立NISA:600万)

よって、通常NISAを使用した後に、積立NISAに移行するのが一番非課税金額が大きくなります

積立NISAだけだと400万円分の損とも言えますね。

運用銘柄

次に銘柄。投資をする上では、どの銘柄に投資ができるのかも大切。

運用可能銘柄
【通常NISA】原則全銘柄(上場株式、投資信託、ETF、上場REIT、ETNなど)

【積立NISA】投資信託やETFの一部銘柄のみ

つまり、積立NISAで選ぶことができるものは、通常NISAでも選べるということ。

証券会社に問い合わせたところ、積立NISAで選べる銘柄は「手数料の少ない優良銘柄」だけにするように金融庁から通達があったそうです。

なので、積立NISAで選べる銘柄が、証券会社のオススメということですね。

積立NISAの銘柄を見て、通常NISAで投資するのが賢いと思います。

運用期間

運用期間が長い方が、時間的リスクを抑えることができると言われています。

NISAは通常口座と損益通算ができないので、損失が出るということは痛いことになります。

運用期間
【通常NISA】5年間(2023年12月末まで)

【積立NISA】20年間(2018年1月~2037年12月末まで)

例えば、通常NISAだと2023年までです。この2023年までにリーマンショックのような金融危機が起こった場合、損失が生じる可能性は極めて高いでしょう。

積立NISAの場合、途中に金融危機が起こったとしても、その後に株価が戻せば利益が出ます。実際今の日経平均はリーマンショックの水準を超えているわけですし。(2017年10月24日時点)

まぁ、積立NISAであろうとも、期限の2037年に金融危機が起こったら損失が出るわけですが。

このように見ると、リスクがより低いのは積立NISAといえます。

【結論】どちらにもいい点はあるので、投資スタイルで選ぼう!

以上より、通常NISAと積立NISAのどちらを選ぶべきかを投資スタイル別に紹介しましょう。

非課税を最大にしたいなら通常NISA

非課税金額を最大にしたいなら、通常NISAを選び、5年後に積立NISAに変えるという一択です。
繰り返しになりますが、最大1200万円の非課税が可能です。

トータル非課税金額
①通常NISAだけを利用:600万(120万×5年)

②積立NISAだけを利用:800万(40万×20年)

③通常NISA終了後、積立NISAに移行:1200万(通常NISA:600万、積立NISA:600万)

特に、低いリスクで大きな利益が出せる可能性のある「IPO投資」をする場合は、通常NISAにするしかありません。積立NISAは株式に投資できませんからね。

長期的にリスクを分散したいなら積立NISA

積立NISAの最大のメリットは、20年という長期間の投資ということです。

この期間によって、時間的リスク分散が可能になります。

5年や10年後に金融危機が起こったとしても積立NISAであれば、そのダメージを吸収することができます。

まとめ

この記事を書く前まで、私は

「積立NISAのどこがいいか全くわからん!」

と思い込んでいました。

しかし、実際によく調べ、証券会社に問い合わせた結果、どちらにも優れている点があるということが分かりました。

結局は、人それぞれの投資スタイルで選ぶということですね。

以上です。この記事が参考になれば幸いです。

いつも読んでいただきありがとうございます。
下記クリックで応援いただけますとブログ更新の励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
注目のランキングへは下記リンクから!
ブログのランキングはこちら






ABOUTこの記事をかいた人

「さばくびと」を運営している30代前半のリーマンブロガー。抱えた借金は770万円。サービス残業の嵐を受けて休職した経験も…借金や病気といった悩みを中心に書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA